連載
» 2018年12月21日 07時00分 公開

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:東急・相鉄「新横浜線」 新路線のネーミングが素晴らしい理由 (1/5)

東急電鉄と相模鉄道は、新路線の名称を「東急新横浜線」「相鉄新横浜線」と発表した。JR山手線の新駅名「高輪ゲートウェイ」を巡って議論が白熱する中で、この名称は直球で分かりやすい。駅名や路線名は「便利に使ってもらう」ことが最も大切だ。

[杉山淳一,ITmedia]

 12月13日、相模鉄道と東京急行電鉄は、両社を接続する新路線の名称を決定し、「相鉄新横浜線」「東急新横浜線」と発表した。鉄道に関する名前の決定について、けんけんごうごうの近ごろ、直球で分かりやすい路線名の誕生に胸のすく思いだ。

photo 相模鉄道が東急電鉄と直通するために導入した20000系電車。すでに営業運転を開始している

 JR東日本の品川新駅が「高輪ゲートウェイ」になったことで、ネットかいわいがざわついた。騒ぎは一気に大きくなり、著名人による反対署名運動も起きている。その直後に東京メトロが日比谷線の新駅を「虎ノ門ヒルズ」と発表したけれど、こちらはおおむね好意的に受け止められている。JR東日本とは対照的だった。

 この決定について私は特段の意見を表明するつもりはなかった。駅名の公募が始まった時は「芝浜がいいナ」と書いた。JR東日本が公募という形式を取ってくれたことに敬意を表して、公募を盛り上げたいという思いから、過去の駅名の例を挙げたうえで「私ならこうする」と例示したまで。(参考記事:盛り上がってきました「品川新駅大喜利」 そもそも駅名ってどんな言葉が選ばれる?

 「高輪ゲートウェイ」の決定は、私にとっては不本意で、「芝浜」と投票したスジを通すために署名運動にも一筆入れたけれども、それ以上は何も望まないし、事業者が「高輪ゲートウェイ」と決めたのだ。所在地の自治体や周辺の人々に害がなければそれでいい。

 TOKYO MXの番組「5時に夢中!」でもこの話題になり、鉄オタ4人衆の居酒屋トークのような場面に私も出演した。そこで私は「鉄道ファンとしては、鉄道会社が決めたルールで遊ぶだけ。文句を言う筋合いではない」と話した。鉄オタ4人衆トークはマツコ・デラックスさんが気に入ってくださっているそうで、今回で3回目の出演となった。

 そんなことをわざわざ書き記した理由は、「高輪ゲートウェイ」と書けば検索で引っ掛かってこの記事を読んでくれる人が増えるかな、という浅ましい考えだ。賛否のどちらを書いても話題になり、駅名は広まって定着し、JR東日本の思惑通りである。ならば乗せられるのではなく、こちらから乗ってしまえという心境だ。

photo 神奈川県東部方面線のうち、相鉄・東急直通線の正式名称が決まった(出典:プレスリリース
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -