コラム
» 2018年12月25日 09時52分 公開

盛り上がる「eスポーツ」:PCは死んでいない? ゲーミングPCが救いの神に (1/2)

PC業界の不振が叫ばれて久しい。かつて、「PC is dead」という言葉が出回るなど、すでに終わったとみる専門家は多かった。ところが、何十年かぶりに明るい話題が出ている。それはゲーミングPC市場だ。

[猪口真,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

著者プロフィール:猪口真(いのぐち・まこと)

株式会社パトス代表取締役。


 PC業界の不振が叫ばれて久しい。かつて、「PC is dead」という言葉が出回るなど、すでに終わったとみる専門家は多かった。ところが、何十年かぶりに明るい話題が出ている。それはゲーミングPC市場だ。

 近年、個人向けのゲームが複雑化高度化していく中で、ゲーム機は何度かのイノベーションを繰り返し、端末の多機能化とネットワーク化が進んできた。ゲームの端末機の変遷は激しく早い。これまでもさまざまな端末が出ては消えてきた。市場も10年ほど前に急拡大したものの、その後数年にわたって落ちこんだ。ところが再度iPhoneの登場によってモバイル端末によるゲームが活性化し、数々のゲーム提供会社が登場(当初はSNSをやっていた会社が次々とゲーム会社に転身したのは記憶に新しい)し、現在すでにそのピークも超え、拡大を続けている。

 なんといっても、現在の隆盛はスマホによるところが大きく、現在の世界のゲーム市場でも半分以上をモバイル端末(タブレットを含む)と言われている。

ゲーム用PCが登場

 そのなかで、現在、ゲーミングPCマーケットの伸びが大きくなっている。一部メーカーでは、以前からゲーミングPCマーケット向けに製品を提供してきたが、ここへきて、eスポーツの盛り上がりとともに俄然活況を帯びてきた。

 ゲーミングPCとは、文字通りゲーム用に作られたPCで、CPUやGPU、メモリ、すべてにおいてハイスペックとなっており、ビジネスユースのPCが数万円から購入可能なのに対して、10万〜25万円はするハイスペックマシンだ。

 PC自体の単価も高く、しかも次々にハイスペックを求める新作ゲームが登場するために、PCの寿命も短い。ビジネス用のPCであれば、7〜8年使う人はざらだが、ゲーミングPCの場合、2〜3年だろう。

 日本のゲーム人口は7000万人ともいわれており、3人に2人はゲーマーというわけだ。全員が何らかの端末を持っているというわけではないだろうが、全体の約2割程度と言われるゲーミングPCユーザーの数を考えれば、とてつもなく大きな市場だと言えるだろう。海外のPCメーカーも、非常に積極的だ。

 ここ数年大きな伸びを見せているゲーミングPC市場だが、市場を引っ張るのは、間違いなくeスポーツだろう。日本の競技人口は約390万人、観戦、視聴者も160万人程度いると言われている。(ファミ通ゲーム白書による)

 この状況であれば、PCメーカーは迷わずゲーミングPC市場に参入するだろう。高価格で買い替えも頻繁なのだから。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -