特集
» 2019年01月03日 08時50分 公開

「パンが好き」とみんなが言い始めた 平成のパンブームの正体個性的な店が生まれたワケ(4/4 ページ)

[加納由希絵,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

“生きがい”を求める世代が作るパンとは

 少しずつ形を変えて続いてきたパンブームは、これからどうなるのか。

 池田さんは「今が曲がり角ではないか」と指摘する。人手不足、後継者不足などを感じている店主も多く、店を続けられるか不安が大きくなっている。

 「解決する方法の一つは機械化。中国では無人パン屋も話題になっています。ですが、それ以上に、パンを“生きがい”にする人を育てることが欠かせません。ブームによって、次の世代が育つ環境は整っています。これからの世代がどんなパンを作るか楽しみですね」

photo これからのパンとベーカリーはどうなる?(写真は記事と関係ありません)

 職人の知恵と工夫次第で、パンの可能性は大きく広がる。その奥深さをうまく生かしたパン屋が話題を呼び、私たちは飽きることなく「パンが好き」と言い続けた。だから、瞬間的なブームとは違い、形を変えて話題に上り続けているのだろう。次の時代はどんなパントレンドが生まれるだろうか。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -