クルマはどう進化する? 新車から読み解く業界動向
ニュース
» 2019年02月08日 14時56分 公開

専用色「レーシングオレンジ」:マツダ「ロードスター」30周年記念車を世界初公開 3000台限定販売 (1/2)

マツダは、スポーツカー「MX-5(日本名:ロードスター)」の誕生30周年を記念した特別仕様車を世界初公開。全世界で3000台限定で販売する。

[ITmedia]

 マツダは2月8日、スポーツカー「MX-5(日本名:ロードスター)」の誕生30周年を記念した特別仕様車「MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」を、米国で開催中のシカゴオートショーで世界初公開したと発表した。専用色「レーシングオレンジ」を採用し、鮮やかな車体に仕上げている。全世界で3000台限定で販売する。

photo マツダ「MX-5(日本名:ロードスター)」の誕生30周年を記念した特別仕様車「MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」(米国仕様)

 1989年に誕生したMX-5は、これまでに世界で100万台以上を販売している。世界中の顧客やファンへの感謝と今後の期待を込めて、「心が沸き立つ一日の始まりを予感させる、朝焼けのような」(同社)オレンジ系の特別色を開発した。

photo 朝焼けのような特別色「レーシングオレンジ」を採用

 専用ボディーカラーに加え、MX-5用に開発した鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)や、シリアルナンバー付オーナメントなどを採用。ソフトトップモデルと、電動格納式ルーフを採用したリトラクタブルハードトップモデルを販売する。

photophoto マツダ「MX-5(日本名:ロードスター)」30周年記念車

 日本国内の販売方法は今後、30周年アニバーサリーサイトで公表する予定。

photo
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -