お店のミライ
コラム
» 2019年03月15日 08時00分 公開

社長は退くべき:大塚家具はどこへ行くのか (3/3)

[日沖博道,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!
前のページへ 1|2|3       

 よく経済評論家やコメンテータがやるような「ほーら私が言った通りでしょ」という自慢をするつもりは小生にはまったくない。ただ、「どうして軌道修正してくれなかったのか」と残念至極だ。そしてやはり残念だが同時に、この戦略的誤りの責任をとって久美子氏は社長を退くべきだということをはっきり申し上げたい。

 そして袂(たもと)を分かった父親、勝久氏(匠大塚の会長)に頭を下げて、可能ならば大塚家具の経営者に復帰してもらう(そして匠大塚と統合する)のがベストの策ではないか。勝久氏が匠大塚で実践してきた超高級路線の経験、ノウハウを生かして、高級路線に再度フォーカスし直すこと、これしか大塚家具が生き残る道はないと考える。(日沖 博道)

 →→フォローして日沖博道氏の新着記事を受け取る

前のページへ 1|2|3       

Copyright (c) INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -