ニュース
» 2019年04月25日 12時00分 公開

狙いをインタビュー:LINEのワンコイン投資の勝算は? 500円から利用できロボアド手数料無料 (1/2)

LINEが投資サービスを拡充する。1日500円からという少額投資を可能にし、ロボアドバイザーを使いながら当初1年間は手数料を無料とする。若年層における投資のハードルを大きく下げた。

[斎藤健二,ITmedia]

 LINEが投資サービスを拡充する。LINE Financial(東京都品川区)は4月25日に、1日500円から積み立て投資できる「ワンコイン投資」を開始した。その狙いとビジネス上の勝算を聞いた。

LINEスマート投資のPMを務める大田雄介氏(右)と、ワンコイン投資の基盤システムを提供するFOLIOの甲斐真一郎CEO(左)

1日500円。貯金箱感覚の投資サービス

 「誰でも500円から始められる。(資金は)ロボアドバイザーで運用されるので、どこに投資するかの悩みもなく、投資ができるサービスだ」と、LINEスマート投資のプロダクトマネージャー(PM)を務めるLINEの大田雄介氏は話す。

 ワンコイン投資は1日あたり500円から3万円まで、500円単位で積み立て金額を設定できる。積み立ての頻度は、週1回の「お手軽プラン」から週5日の「平日プラン」、毎日積み立てる「毎日プラン」を用意する。月間投資額でいうと、2000円前後から90万円まで選択できることになる。

【訂正:4月25日午後1時】初出で月間最低投資金額を4000円としていましたが、ただしくは2000円前後です。

 500円という少額から積み立てられるのが特徴の1つ。ターゲットとするユーザーは投資未経験者や初心者だが、若年層にとって投資金額は大きなハードルだった。

 「LINEスマート投資は、2018年10月にテーマ投資からサービスを開始した。ユーザーから要望が多かったのが、金銭的なハードルを下げてほしいということ。そこで投資額を10万円前後から1万円前後にした『ミニテーマ』を投入した。その反応がよく、さらに投資額を下げるべきだということで500円にした」(大田氏)

LINE Payアカウントから自動引き落とし

 ワンコイン投資ではLINE Payと連携し、銀行口座の登録が不要となっている。投資資金は、LINE Payアカウントの残高、または銀行口座(デビット支払い)から引き落とされる。オートチャージ機能とは連動しないが、残高不足の場合はメッセージが届き、そこからチャージが行える。

 銀行口座登録は、投資サービスの開始時にユーザーが挫折するポイントの1つだが、LINE Payと連携することでハードルを下げた形だ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間