ニュース
» 2019年06月07日 14時34分 公開

アステリア、株主総会の議決権投票にブロックチェーン活用

アステリア(東京都品川区)は、6月22日に開催する自社の株主総会において、議決権投票にブロックチェーン技術を使った投票システムを利用する。同社によると、上場企業の議決権投票にブロックチェーンを使うのは世界初。

[斎藤健二,ITmedia]

 アステリア(東京都品川区)は、6月22日に開催する自社の株主総会において、議決権投票にブロックチェーン技術を使った投票システムを利用する。同社によると、上場企業の議決権投票にブロックチェーンを使うのは世界初。

デジタルトークンを使い、スマホから議決権を行使できる

 投票システムはアステリアが開発した。議決権を持つ株主9307人に、議決権としてデジタルトークンを発行し、投票結果をブロックチェーン上に記録する。ブロックチェーンにはEthereumを採用した。

 ブロックチェーンを使うメリットとして、24時間いつでも投票できること、票数をリアルタイムに集計できること、特別なアプリが必要なく、PCやスマートフォンからも投票できること、また票数の改ざんが内部の関係者でも不可能なことを挙げている。

投票サイトのイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ