お店のミライ
ニュース
» 2019年07月17日 17時09分 公開

普通のモスとは大違い:最安バーガーは1000円 モスが最高級店をオープンする狙いを現地で確かめた (1/4)

モスバーガーの最高級店舗「MOS PREMIUM(モスプレミアム)」が登場。最も安いハンバーガーでも1000円という強気の価格設定。どのような商機があるのか、店舗に行ってみた。

[昆清徳,ITmedia]

 モスバーガーを運営するモスフードサービスは、7月19日に最高級のハンバーガーを提供する「MOS PREMIUM(モスプレミアム)」(横浜市)をオープンする。同社が運営する紅茶専門店「マザーリーフティースタイル」も“同居”する「フードホールスタイル」と呼ばれる店舗だ。

 モスプレミアムは、「世界一のハンバーガーを開発する」という目標を掲げている。最も安いハンバーガーは1000円(税込、以下同)となっており、1300円や1500円の高価格帯商品もそろえた。

 なぜ、同社はこのような店舗をオープンさせたのか。

photo 最高級のハンバーガーを提供する「MOS PREMIUM(モスプレミアム)」

モスバーガーの中の位置付け

 モスプレミアムは、2015年にオープンしたモスバーガーの上位店舗「MOS CLASSIC(モスクラシック)」(東京都渋谷区)をさらにアップグレードさせた店舗という位置付けだ。昼には肉汁がたっぷりで食べ応えがあるグルメバーガーを提供し、夜はクラフトビールなどのお酒に合うソーセージや前菜の盛り合わせも提供する。なお、モスプレミアムの商品ラインアップは、モスクラシックと一部重複している。

 モスプレミアムの限定商品には、「モスプレミアムバーガー」や「3種のとろけるチーズバーガー」(ともに1300円)などがある。モスプレミアムバーガーは、味の奥深さを追求するために、モスバーガーのミートソースをオリジナルにアレンジしている。また、甘さを引き出したオニオンソテー、厚切りトマト、ベーコン、チェダーチーズなど、多くの具材を挟んだボリューム感たっぷりの商品になっている。使用しているパティやバンズは、通常のモスバーガーのものとは異なる。

 原料調達には、モスバーガーのノウハウを生かしている。例えば、「丸ごとトマトのカプレーゼ」には、モスバーガーと同じ生野菜が使われている。

photo モスプレミアムバーガー
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ