連載
» 2019年07月26日 07時00分 公開

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:吉本、かんぽの炎上会見に見る「組織の病巣」 なぜ“上下断絶”が生まれるか (4/4)

[河合薫,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

加藤浩次さんが発言した「みんな我慢」「怖がっている」

 くしくも吉本興業の問題で、お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次さんが、大崎洋会長と岡本社長のツートップ体制について「若手は怖がっている」「みんな我慢してきた」と風通しの悪さを指摘。上層部刷新を求め、「経営陣が変わらないなら俺は辞める」という姿勢を示しました。

 まさに加藤さんが指摘する通りで、上層部の刷新は病巣根絶には必要不可欠。加えて、新たに上層部でかじをとる人たちには、「自分が絶対感に支配されない組織構造」を作る覚悟が欠かせません。

 いつの時代も、いかなる組織も、組織にすみつく病巣の被害を受けるのは、弱い立場の、下層階層の人たちです。誠実さや勇気、謙虚さや忍耐といった、いわば人格の土台を持ち、学び続ける姿勢を重んじる人が上層部で起用されることを、ファンとしては願うしかないのかもしれません。

河合薫氏のプロフィール:

photo

 東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などに出演。その後、東京大学大学院医学系研究科に進学し、現在に至る。

 研究テーマは「人の働き方は環境がつくる」。フィールドワークとして600人超のビジネスマンをインタビュー。著書に『他人をバカにしたがる男たち』(日経プレミアシリーズ)など。近著は『残念な職場 53の研究が明かすヤバい真実』(PHP新書)、『面倒くさい女たち』(中公新書ラクレ)


お知らせ

新刊『他人の足を引っぱる男たち』(日経プレミアシリーズ)が発売されました!

 2017年発売の『他人をバカにしたがる男たち』で解説した「ジジイの壁」の背景となる「会社員という病」に迫ります。

 “ジジイ”の必殺技は「足を引っぱる」こと。公の場で「彼女の発言を補足しますと……」と口を挟んでしまう“面目つぶし”、「私は指示したのですが○○が動かなくて……」と相手を悪者にする“責任逃れ落とし”、他人に関する必要のない情報を上司に伝える“アピつぶし”、そして“学歴落とし”や“悪評流し”――。

 不毛な言動に精を出して「ジジイ化」してしまう人たちのジレンマと不安の正体について解説します。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -