なぜあの商品は売れた? 行列研究所が謎に迫る
連載
» 2019年08月06日 05時00分 公開

長浜淳之介のトレンドアンテナ:タピオカバブルは崩壊間近? 有力チェーン「ゴンチャ」が荒波を乗り越える条件 (6/6)

[長浜淳之介,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

タピオカバブルの大崩壊を乗り越えられるか

 8月13日から9月16日まで、山手線の原宿駅前にある商業施設「jing」内には「東京タピオカランド」なる“タピオカの夢の国”をテーマにした期間限定のテーマパークがオープンする。頂点に達したタピオカブームがどうなっていくのか。ゴンチャはお茶界のスターバックスとなれるのか。

 格安の業務スーパーに行けば、1杯30円相当の即席タピオカが販売されている。タピオカの原価は安い。なのにタピオカスタンドは、単価500円を取れるおいしい商売。小さなスペースで開業できて資金もかからず、誰でもできそうな趣だ。そのため、粗製乱造が起こっている感がある。

 ゴンチャが今後予想されるタピオカバブルの大崩壊を乗り越えて、国民的ブランドとして定着していけるのか。個人的には店内でもう少しゆっくり座れればと思うのだが、間もなく正念場を迎えるであろう同社の動向を見守りたい。

photo タピオカを扱う人気店
photo タピオカを扱う人気店
photo タピオカを扱う人気店
photo 人気店のタピオカ(出所:ブルプル公式Webサイト)
photo ゴンチャは東京都杉並区の阿佐ヶ谷という商圏がそれほど広くないところにも出店している

【お詫びと訂正:2019年8月6日午前5時の初出で、「渋谷・SHIBUYA109にオープン」と記載いたしましたが、誤りでした。正しくは、「渋谷・MAGNET by SHIBUYA109にオープン」でした。お詫びして訂正いたします。】

著者プロフィール

長浜淳之介(ながはま・じゅんのすけ)

兵庫県出身。同志社大学法学部卒業。業界紙記者、ビジネス雑誌編集者を経て、角川春樹事務所編集者より1997年にフリーとなる。ビジネス、IT、飲食、流通、歴史、街歩き、サブカルなど多彩な方面で、執筆、編集を行っている。共著に『図解ICタグビジネスのすべて』(日本能率協会マネジメントセンター)など。


前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間