ニュース
» 2019年08月06日 17時54分 公開

実は女性客が多く購入:ローソンの2019年度おでんが登場 つゆは全国9種類 あなたの地域は何味?

ローソンの2019年度おでんが8月6日に発売。おでんの「つゆ」は全国の地域ごとに全9種類。今年は女性人気を背景に、「具だくさん」メニューを重視。定番メニューも一部リニューアルした。

[鬼頭勇大,ITmedia]

 ローソンは、2019年度版おでんの販売を8月6日から開始した。

 今年は、購入者層の約6割が女性というデータに注目。広報担当者によると、女性人気を裏打ちしているのが「ヘルシーさ」と、夕食時の「おかず」としてのニーズという。

 さらに、「具だくさんのおでんを食べたい」という女性客の声に応え、商品全体重量に対して具材の比率が約50パーセントの「ひじきと5種類野菜のさつま揚げ」(税込100円、以下同)や4種類の野菜を使用したつくねをレンコンで挟んで焼いた「レンコン挟み焼」(120円)など、野菜を多く使いつつ具だくさんなラインアップとなっている。

「ヘルシー」かつ「具だくさん」な新メニュー

 また、おでんの定番商品を一部見直し、「つゆしみ感」を向上させた。「がんも」は製造工程を見直し、内部の気泡を多くすることでつゆがより染み込みやすい「つゆしみがんも」(110円)へリニューアル。「こんにゃく」(80円)は、表面へ入れる切り込みの幅と深さを変更し、舌触りを良くするとともに、つゆが絡みやすいようにした。

定番メニューは「つゆしみ感」を向上

 おでんつゆについては、全国9種類に細分化。各地の食材や嗜好に合わせ、地域ごとの味を楽しめるようにした。担当者によると、つゆの細分化は30年ほど前から年ごとに実施。全国で味を統一した年もあったが、15年に再度6種類へ細分化。お客からの高評価を受け、16年以降は9種類に細分化している。

つゆは全国9種類(1)
つゆは全国9種類(2)

 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集