ニュース
» 2019年08月13日 13時15分 公開

50万食限定:1食860円 吉野家がサーロインの「すきやき重」を発売 牛肉商品で最高額 (1/2)

吉野家は8月14日から、創業120周年記念として、牛肉のサーロインを使用した商品「特選すきやき重」を全国で販売する。価格は860円(税込)で、約50万食限定。

[ITmedia]

 吉野家は8月14日から、創業120周年記念として、牛肉のサーロインを使用した商品「特選すきやき重」を全国で販売する。価格は860円(税込)で、同社が全国販売した牛肉商品の中で最も高い設定だという。約50万食限定での販売となる。

photo 吉野家が8月14日から販売する「特選すきやき重」

初めてサーロインを使用

 特選すきやき重は、黒いお重に盛られたご飯の上に、1.8ミリの薄さにスライスしたサーロイン120グラムが載っている。すきやき重と生卵、みそ汁、お新香がセットになっている。ぜいたく感が味わえる商品だ。

photo 牛肉のサーロイン120グラムを使用

 お重を使った高級牛肉商品は、これまでも2店舗限定で出していた。国会議事堂内の永田町一丁目店と羽田空港国際旅客ターミナル店で販売している、国産和牛を使用した「牛重」だ。他の店舗でも「高級な牛肉商品を食べたい」という声が多数あったことから、今回の商品開発に至ったという。全国販売の量を確保できて、かつ、おいしい材料として、北米産サーロインを採用した。

 サーロインを使用するのは同社として初めて。伊東正明常務は、「原価率は高めの設定。原材料費は通常の牛丼と比べて2倍以上」と話す。全国約1200店舗で販売するため、牛肉の価格相場を変えないように慎重に原材料を確保してきたという。

photo 原価率は高めの設定
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ