ニュース
» 2019年08月06日 12時32分 公開

8月20日発売:シャウエッセンの新商品が登場 若年層の”ハム・ソーセージ離れ”への一手とは?

日本ハムは、8月20日に「シャウエッセン チェダー&カマンベール」(1袋278円、2袋セット556円、ともに税別)と「オードブルチーズローフ」(税別324円)を発売する。シャウエッセン35周年記念商品の第二弾商品。日本ハムは、これまで推奨していなかったシャウエッセンのレンジ調理を2月から提案しており、調理の手間を減らしたい若年層の購買を見込む。

[鬼頭勇大,ITmedia]

 日本ハムは、8月20日に秋冬向けの期間限定商品「シャウエッセン チェダー&カマンベール」(2袋セット556円、税別、以下同)を発売する。また、通年販売商品として「オードブルチーズローフ」(324円)も同日に発売する。

シャウエッセン新商品は「チーズ」

 シャウエッセンは同社の代表的なウインナーソーセージブランドで、1985年の発売から今年で35周年。2月には35周年記念商品の第1弾として「シャウエッセン ホットチリ」と「あらびきミートローフ」が発売されており、今回のチェダー&カマンベールとオードブルチーズローフは第2弾。

 広報担当者によると、主力商品であるハムやソーセージが若年層から支持されなくなっているという。ハムやソーセージは、「すぐ食べる」ものではなく「調理してから食べる」というイメージがあり、共働き世帯の増加などで調理の時間や手間を減らしたい若年層が増えていることが背景にある。

 そこで、これまでシャウエッセンの調理方法については「ボイル」を推奨してきたが、より手軽な「レンジ調理」の提案を2月から始めた。今回のチェダー&カマンベールでも、レンジ調理を提案する。新商品にチーズを選んだ理由としては、昨今のチーズ人気やウインナーとチーズの相性の良さが挙げられる。

 オードブルチーズローフは、シャウエッセンに使用される肉をミートローフにした商品で、チェダーチーズとゴーダチーズをブレンドした。

チーズをブレンドした「オードブルチーズローフ」

 チェダー&カマンベールは販売期間中に37億円、オードブルチーズローフは年間6億円の売り上げを目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ