なぜあの商品は売れた? 行列研究所が謎に迫る
インタビュー
» 2019年07月10日 08時00分 公開

水曜インタビュー劇場(コーヒー公演):えっ、家が喫茶店になる? 自宅焙煎ができる「ホームロースター」が面白い (1/5)

調理家電で、またひとつユニークな商品が登場した。コーヒーの焙煎機だ。大阪の家電メーカー「ライソン」がクラウドファンディングで公開したところ、3200台以上が売れた。家電量販店などであまり目にしない商品は、どのようにして開発されたのか。同社の社長に聞いたところ……。

[土肥義則,ITmedia]

 淹(い)れ方や道具によって、風味が変わる飲み物といえば、なーんだ。世の中にはいろいろな飲料があるので、あれもこれも浮かぶ人がいるかもしれないが、記者は「コーヒー」の姿が浮かんだ。

 香りを楽しむために「コーヒーミル」で豆をひいたり、手軽に味わうために「ペーパードリップ」で淹れたり。最高の一杯を飲むために、さまざまな道具をそろえているかもしれないが、どうしてもあのアイテムを手にすることができず、いまひとつしっくりきていない人もいるはず。「焙煎機」だ。

 コーヒーを極めようとすると、結局のところ「焙煎」にたどり着く。なぜならコーヒーの生豆をどういるかが、味の良し悪しを左右するからだ。だが、しかしである。焙煎機のサイズは大きくて、価格が高い。家のスペースや財布の懐具合などによって、あきらめる人は多い。そんな人に、気になる商品が登場した。

自宅焙煎ができる「ホームロースター」

 大阪の家電メーカー「ライソン」が開発した「HOME ROASTER RT-01(ホームロースター)」である。サイズは電気ケトルくらいで、価格は2万1600円(税込)。「これなら家でも焙煎できる」と思った人が多かったようで、クラウドファンディングで公開したところ、目標金額300万円に対し、5400万円ほどが集まった。

 喫茶店やカフェなどで「自家焙煎」という文言をよく目にするが、「自宅焙煎」を楽しめるホームロースーターはどのようにして開発されたのか。また、カップ焼きそば「ペヤング」専用ホットプレートを開発して、世間を驚かせた同社は、なぜユニークな商品を次から次に世に送り出せるのか。この2つの疑問について、同社の山俊介社長に聞いた。聞き手は、ITmedia ビジネスオンラインの土肥義則。

チャフ(薄皮)を自動で分離してくれる
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ