なぜあの商品は売れた? 行列研究所が謎に迫る
インタビュー
» 2019年07月10日 08時00分 公開

水曜インタビュー劇場(コーヒー公演):えっ、家が喫茶店になる? 自宅焙煎ができる「ホームロースター」が面白い (5/5)

[土肥義則,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

高級食パン専用のトースター

土肥: たくさんの人の声を聞いたために、いまひとつ売れなかった商品を教えてください。

山: ピーナッツ・クラブのときに開発した「ケーキカップメーカー」は、かなり苦戦しました。プレートをはさむことによって、食べられる器ができるという商品でして、社内からは「これ、絶対に売れるよ」といった声ばかりでした。他社で同じような商品を出していて、それが売れている。「じゃあ、ウチも製品化すれば、売れるよ」といった安直な考えで企画がスタートし、その後、「この機能も搭載しようよ」といった声を取り入れた結果、さっぱりでした(涙)。

 この失敗事例で、私たちは2つのことを学びました。1つめは、他社製品を真似たような商品を出すのはやめよう。2つめは、全員が同じ方向を向いているときには、基本コンセプトがブレないか注意しよう。結果、ニッチな商品を攻めることになっているのかもしれません。

ライソンの山俊介社長

土肥: ふむふむ。最後に、今後のことを聞かせてください。ホームロースターの第二弾を考えているのでしょうか? また、いまどんな商品を企画しているのでしょうか?

山: 発売時期は未定ですが、ホームロースターの第二弾を考えています。今回発売するのは、機能がシンプルなんですよね。「深煎り」と「中煎り」の2モードしか搭載していませんが、第二弾では8モードを予定しているので、より本格的な焙煎機を好む人向けです。

 このほかに、高級食パンをできるだけ早く、もっとおいしく食べることができるトースターを開発しています。数年ほど前から、高級食パンがブームになっていますが、早く焼くことができれば、そのぶん水分を逃がさない。結果的に、よりふわふわした食感を維持したパンを食べることができる。こうした基本コンセプトの商品を実現できればなあと。

土肥: 企画は「ふわふわ」していませんねえ。“すぐに売れて、おいしい商品”になるかどうか注目しています。本日はありがとうございました。

(終わり)

書籍&CDが出ました!

 ITmedia ビジネスオンラインの連載をまとめた書籍『バカ売れ法則大全』(行列研究所/SBクリエイティブ)が発売されました。本連載「水曜インタビュー劇場」の人気記事をピックアップして、大幅に加筆。また弊誌では掲載していない記事もご紹介しています。また、本連載をまとめた『ササる戦略』(三才ブックス)も発売していますので、合わせてどうぞ。

 さらに、水曜インタビュー劇場のMCを務める土肥義則のCDが発売されました。「全国経営者セミナー」での講演を収録していますので、ぜひビジネスのヒントに!


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ