お店のミライ
ニュース
» 2019年08月26日 16時13分 公開

増えるかキャッシュレス決済:”損するローソン”も? 10月以降のキャッシュレス還元で (1/2)

ローソンが消費増税に向けた施策を発表。クレジットカード「ローソンPontaプラス」のポイント還元を倍増し、2%の即時還元も実施。しかし、店舗によっては還元率が変わる可能性も?

[鬼頭勇大,ITmedia]

 ローソンは8月21日、10月の消費増税に合わせた販促施策の発表会を開いた。

 目玉は、ポイント還元率の倍増だ。これまで、ローソン店内での買い物の決済にクレジットカード「ローソンPontaプラス」を使うと支払い額が100円(税別)につき2ポイントが還元されていた。それを倍の4ポイントにする。なお、ローソン以外での決済については、これまでと変わらず200円(税込)ごとに1ポイントを還元する。担当者によると、同カードの会員は現在1〜2万人で、喫緊の目標値として25万件を掲げた。

ポイント還元率を2倍に(出所:ローソン銀行公式Webサイト)

増税を機にキャッシュレス比率を高める

 ローソンは、今回の増税を機にキャッシュレス比率を高める狙いだ。担当者によると、2018年時点で国内キャッシュレス決済市場の規模は約73兆円。ローソン単体で見ると、約5000億円で、売り上げ全体の約20%を占めている。キャッシュレス比率が高いとされる首都圏では30%ほどで推移しており、政府が目標に掲げる「25年までに40%」を前倒しで達成する見通しだ。

キャッシュレス比率を高める
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間