ニュース
» 2019年09月05日 16時36分 公開

ヤマト運輸、10月から運賃・料金値上げ キャッシュレスと現金で金額異なる

[ITmedia]

 ヤマト運輸は9月4日、消費税増税に伴い宅配便料金を10月1日から値上げすると発表した。税率引き上げ分を転嫁し、現金決済とキャッシュレス決済でそれぞれ金額を設定。東京都から愛知県に60サイズの宅急便を送る場合、現在は907円(税込、以下同)だが、10月1日から現金なら930円、キャッシュレス決済なら924円になる。

photo 東京都から愛知県へ送る場合の主な運賃・料金の例(プレスリリースより)

 決済方法によって金額が異なるのは、キャッシュレスでは増税分を1円単位で反映しているのに対し、現金では1円単位を切り上げ10円単位にするため。同社は「1円単位の小銭の取り扱いで発生する手間や煩わしさを軽減するため」と説明している。

 キャッシュレス運賃が適用されるのは、直営店の持ち込みかドライバー集荷の発送で「クロネコメンバー割」や電子マネーを使う場合と、送り状から運賃支払いまでをスマホで行える「宅急便はスマホで送れる。」で「ApplePay」「クロネコペイ」「キャリア決済(ドコモ払い、auかんたん決済/auWALLET)」を使う場合。ただし、「着払い」については決済手段に関わらず、全て現金決済運賃扱いになる。

photo オプション料金や包装資材も値上げする(プレスリリースより)

 また、「宅急便はスマホで送れる。」やデジタル送り状を活用すると適用される「デジタル割」などの割引サービスを拡充。運賃の差別化と合わせて、キャッシュレス化を推進していくとした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集