ニュース
» 2019年08月06日 16時19分 公開

紙巻きや加熱式などで10月から:JT、消費増税で115銘柄の価格改定を申請 「セブンスター」「メビウス」など10円値上げ

日本たばこ産業が、消費税増税に向け、たばこ製品115銘柄の価格改定を財務省に申請。申請が通れば、「セブンスター」や「メビウス」など115銘柄が1箱10円値上げされる。

[ITmedia]

 日本たばこ産業(JT)は8月6日、消費税増税に向け、たばこ製品115銘柄の価格改定を財務省に申請したと発表した。対象銘柄は、紙巻きたばこの「セブンスター」や「メビウス」、加熱式たばこの「メビウス・フォー・プルーム・エス」など。計115銘柄。申請が通れば、10月1日から多くの銘柄で1箱当たり10円値上げとなるが、「ウィンストン」や「キャメル」など一部銘柄の価格は据え置くとしている。

photo JTがたばこ製品115銘柄の価格改定を申請(画像はイメージ/提供:ゲッティイメージズ)

 紙巻きたばこは、112銘柄で値上げを実施。「セブンスター」や「ピース」は500円から510円に、「メビウス」や「ピアニッシモ」は480円から490円になる。

 加熱式たばこは、高温加熱製品である「プルーム・エス」(4銘柄)で値上げを実施。「メビウス・フォー・プルーム・エス」は、480円から490円になる。一方、低温加熱製品の「プルーム・テック」と「プルーム・テック・プラス」の価格は据え置くとした。

photo 改定価格の例

 葉巻たばこ、パイプたばこ、刻みたばこについても、それぞれ3銘柄で値上げを実施するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集