フレッシュサマリ
Special
» 2019年10月30日 16時20分 公開

特別企画:働き方改革を加速させる新しいコミュニケーションのヒント Vol.9:思考を止めず、議題に集中できる会議とは

話の流れを止めることなく、コミュニケーションの質を高める会議にする方法とは。

[PR/ITmedia]
PR

 参加者のスケジュールを調整して開催される貴重な会議の時間。定例外の会議なら、なおさら時間を有効に使いたいものだ。加えて会議中のコミュニケーションの質を高めるためには、いかに会議をスムーズに進行できるかがポイントになる。

Photo

スムーズな会議を妨げる「ディスプレイ画面の切り替え問題」をなくすには

 スムーズな会議の進行を妨げる要因の1つが、「ディスプレイ画面の切り替え問題」だ。プレゼンターが変わるたびにケーブルを抜き差しし、「ケーブルが届かない!」と席を替わったりしている間に、なんとなく場の空気が散漫になってしまうことはないだろうか。

 参加者が思考を止めることなく、議題に集中できる環境作りに役立つのが法人向けブラビア(ソニーマーケティング)と、ワイヤレスプレゼンテーションシステムの「ClickShare」だ。

 ClickShareは、PCのUSBポートに差したボタンを押すことで、会議室のディスプレイにPCの画面をワイヤレスで投影できるシステム。自分のプレゼンテーションの番が来たらボタンを押すだけですぐにプレゼン資料をディスプレイに投影することができるので、複数のプレゼンターがいる会議でも、話の流れを止めることなく会議を進行できる。

 ブラビアなら、ClickShareボタンをPCのUSBポートに差すだけでブラビアが連動して起動し、ボタンを抜くと自動でオフになる。

 Windows PCだけでなく、Mac OSでもAndroid OSでもスムーズにつながるため、企画担当だけでなくデザイン担当や営業などいろいろな職種が参加する会議でもスムーズに進行可能だ。

 アプリをインストールすることなく使えるので、社外の人との会議でもClickShareを渡せばすぐ、使うことが可能。最大2台のディスプレイに、最大8デバイスの画面を投影できるので、資料を比較しながらディスカッションする際にも役立つ。ブラビアの高精細な4K画質は、複数画面を映した場合でも、文字や図版がつぶれることなく詳細までしっかり確認できる。さらにタッチパネル対応のブラビアなら、投影画面に書き込むことでホワイトボードのように使うことも可能だ。

 会議の参加者がボタンを押すだけで、タイミングよく次々と各自の画面を共有ディスプレイに映すことができるので、ブレストや報告会などでも重宝するはずだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ソニーマーケティング株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ビジネスオンライン編集部/掲載内容有効期限:2019年11月13日

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間