金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
インタビュー
» 2019年11月21日 10時12分 公開

ビットコインはデジタル・ゴールドなのか? マネックス大槻氏に聞く (3/7)

[斎藤健二,ITmedia]

――ビットコインと金の値動きは、連動しているようにも、していないようにも見える。

 ちょっと前まで、金とビットコインの相関が高かった。19年の9月までを見ると、ビットコインと金の相関が高く、つまり株とは逆相関となっていた。そのため、金もビットコインも、株式(NYダウ平均)のヘッジ手段として考えられるかもしれない。

ビットコインとNYダウ平均の価格推移。ある程度の逆相関が見て取れる(マネックス資料より)

 ビットコインをヘッジに使う人が増えるほど、株と逆相関になっていく。そのカギは機関投資家だ。ヘッジしなければいけない一番の人たちは機関投資家だからだ。

 フィデリティが行った機関投資家への調査によると、暗号資産を保有したいと思っている人が一定いる。株が下がりそうなときに、これまでは金がヘッジの1つの手段だったが、別の手段としてビットコイン、あるいは暗号資産が注目されている。

 金とビットコインは値動きの方向性は似ているが、ビットコインのほうが変動率が高いので、少ない額でヘッジできるかもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -