3分Biz.
ニュース
» 2019年11月22日 11時00分 公開

OEMのルークス、フレアワゴンも:スズキ、51万台リコール 「パレット」などブレーキに不具合

スズキはブレーキ部品に不具合があるとして、軽自動車「パレット」など計3車種51万7316台をリコール。

[ITmedia]

 スズキは11月21日、ブレーキ部品に不具合があるとして、軽自動車「パレット」など計3車種51万7316台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。最悪の場合、減速させる力が低下する恐れがあるという。

スズキが販売していた軽自動車「パレット」(出典:スズキ)

 対象はパレットのほか、OEM供給していた日産自動車の「ルークス」、マツダの「フレアワゴン」。製造期間は2008年1月〜13年2月。

 16年4月にも同様の不具合によるリコールを実施したが、そのとき対象ではなかった車両でも不具合が発生したことから、対象範囲と改善措置の内容を見直して再びリコールを届け出た。

 内容は、前輪ブレーキのブレーキホースの長さが不適切だったという不具合。それによってブレーキホースに引張力が発生し、ホース内部に亀裂が発生する可能性がある。そのまま使用を続けると、亀裂が広がることでブレーキ液が漏れて警告灯が点灯し、最悪の場合、制動力が低下する恐れがあるという。

不具合があった箇所(出典:国土交通省

 今後、全車両にブレーキホース取り付けブラケットを追加し、ブレーキホースを対策品と交換する。

 これまでに106件の不具合があったが、事故は発生していないという。

改善方法(出典:国土交通省

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -