ニュース
» 2019年11月29日 13時55分 公開

関西地域限定:ファミマが「大人が食べるお子様ランチ」を発売 地域密着の商品開発

ファミマが「大人が食べるお子様ランチ」を発売する。開発コンセプトは加盟店のアンケートで決めた。ファミマは地域密着の商品開発を進めている。

[ITmedia]

 ファミリーマートは、「大人が食べるお子様ランチ」(税込550円)を12月3日から期間限定で販売する。関西2府4県の約2600店舗で取り扱う。

大人が食べても満足できる味を目指した

 コンセプトは「子どものころデパートの食堂で食べた、どこか懐かしくてワクワクするようなメニューを詰め込んだお弁当」だという。

 オムライスは、鶏肉と玉ねぎをトマトケチャップでしっかり炒め、野菜ブイヨンやバター風味を加えたチキンライスの上に、とろとろのたまごを乗せた。ソースは、トマトソースに野菜ブイヨンやデミグラスソースをブレンドしたものを使用する。おかずには、エビフライ、ハンバーグ、クリーミィコロッケなどを盛り込んだ。ポテトサラダとナポリタンも添えてある。

お子様ランチ(蓋なし)

 ファミマは地域に密着した商品開発を進めている。2018年11月には「大満足!てんこ盛り弁当」を発売しており、デザートやおにぎりにも拡大している。

 大人が食べるお子様ランチのコンセプトは、約500店の加盟店を対象としたストアスタッフのアンケートで決めた。さらに、約300人のストアスタッフが討議・試食をして開発を進めた。

「大満足!てんこ盛り弁当」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -