3分Biz.
ニュース
» 2019年12月12日 12時10分 公開

2024年完成予定:大阪駅西側に超高層ビル 新改札口と駅ビルも新設、回遊性向上へ (1/2)

JR西日本は、JR大阪駅と駅西地区の開発計画について発表。駅の西側では、高さ約188メートルの複合ビルを建設。駅構内でも、新改札口や新駅ビルを整備する。

[ITmedia]

 JR西日本は12月11日、JR大阪駅と駅西地区の開発計画について発表した。駅の西側では、高さ約188メートルの複合ビルを建設。大阪駅構内でも、新改札口や新駅ビルを整備する。複合ビルと駅ビルは2024年に完成を予定しており、25年の大阪・関西万博に向けて大阪の中心地が大きく変わりそうだ。

JR大阪駅の開発計画のイメージ(ニュースリリースより)

大阪駅の西側に超高層ビル

 駅西地区のプロジェクトは、日本郵便、大阪ターミナルビル、JTBとの共同開発。旧大阪中央郵便局敷地を含むエリア(大阪市北区梅田3丁目)に、大阪駅直結の高層ビルを建設する。高層ビルは地上39階建てで、オフィス、商業施設、ホテル、劇場が入る。敷地面積は約1万2920平方メートル、延べ床面積は約22万7000平方メートル。

駅西地区の建設される高層ビルのイメージ(ニュースリリースより)

 オフィス空間は、基準階貸室面積が約4000平方メートルで、西日本最大級の大きさ。一方、約120平方メートルの空間も整備することで、大規模オフィスだけでなく、小規模オフィスの需要にも対応する。また、カフェテリア、屋上リフレッシュガーデン、ラウンジなど、働く人がリフレッシュするための空間も設ける。

 商業施設には、中心部に4層吹き抜けのアトリウムを設置。旧大阪中央郵便局舎の歴史やJR大阪駅周辺の街の記憶を伝える仕掛けとして、旧局舎の一部を移設するという。

旧局舎の一部も移設するアトリウムのイメージ(ニュースリリースより)

 複合ビルには、大阪駅や周辺施設と直結する通路を整備。JR高架下貫通通路によって、大阪駅に整備される新改札口とつながるほか、歩行者デッキを整備して、大阪駅のサウスゲートビルディングにも直結する。また、西梅田地区と大阪駅を結ぶガーデンアベニュー(地下通路)ともつながる。

駅や周辺施設とつながる(ニュースリリースより)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -