3分Biz.
ニュース
» 2019年12月13日 16時56分 公開

省エネ型の車両も:JR九州が新型車両を投入 2020年3月14日から

JR九州は2020年3月14日から新型車両を投入する。福岡・九州地区に821系電車。長崎地区にYC1系ハイブリッド車。

[ITmedia]

 JR九州は2020年3月14日から福岡・北九州地区に821系電車、長崎地区にYC1系ハイブリッド車をそれぞれ投入すると発表した。

 新型821系電車を福岡地区・北九州地区に追加投入し、快適性の向上を図る。運行区間は鹿児島本線の門司港駅〜荒木駅。

新型821系電車

 長崎地区には新型YC1系ハイブリッド車を投入する。蓄電池のエネルギーを有効活用した省エネ型の車両で、現行の気動車と比べて燃料消費量が約20%低減されるという。また、出入り口の段差をなくすなどバリアフリーにも対応している。運行区間は、佐世保線の早岐駅〜佐世保駅、大村線の早岐駅〜諫早駅、長崎本線の諫早駅〜長崎駅。

新型YC1系ハイブリッド車

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間