3分Biz.
ニュース
» 2019年12月19日 14時00分 公開

一充電で87キロ走行:ホンダ、集配ビジネス向けEVスクーター「BENLY e:」20年4月発売 着脱式バッテリー搭載

ホンダは2020年4月、宅配などの集配業務を想定したビジネス用電動二輪車「BENLY e:(ベンリィ イー)」シリーズを法人向けに発売する。簡単に交換できる着脱式バッテリーを搭載。EV二輪の普及に取り組む。年間200台の販売を目指す。

[ITmedia]

 ホンダは12月19日、宅配などの集配業務を想定したビジネス用電動二輪車「BENLY e:(ベンリィ イー)」シリーズを、2020年4月から法人向けに販売すると発表した。簡単に交換できる着脱式バッテリーを搭載したコンパクトなEVシステムを採用。環境性能に優れたモデルをビジネス用途で展開することで、EV二輪の普及に取り組む。シリーズ合計で年間200台の販売を目指す。

ホンダは法人向けに「BENLY e:」シリーズを展開

 「BENLY e:」シリーズは、新聞配達や宅配などの集配業務における使い勝手の良さを追求して開発。荷物を積みやすい、広くてフラットなリアデッキや、狭い場所での切り返しなどをしやすくする後進アシスト機能を採用している。

 原付一種(第一種原動機付自転車)の「BENLY e: I」、原付二種(第二種原動機付自転車)の「BENLY e: II」のほか、大型フロントバスケット、大型リアキャリア、ナックルバイザー、フットブレーキを標準装備した「BENLY e: I プロ」「BENLY e: II プロ」をそろえる。

ホンダ「BENLY e: I」
大型フロントバスケットなどを装備した「BENLY e: II プロ」

 動力用電源には、着脱式バッテリー「Honda Mobile Power Pack(モバイルパワーパック)」を2個使用。着脱できることから、簡便なバッテリー交換や充電が可能だ。着脱機構は、2個のバッテリーの固定と固定解除がハンドルと連動する構造。それによって、2個のバッテリーを接近して配置することが可能となり、コンパクトなボディーサイズにも寄与している。

 充電時は、車体から取り外したバッテリーを、外部電源につないだ専用充電器に接続する。ゼロの状態から満充電までの時間は約4時間。

モバイルパワーパック(左)と専用充電器

 充電1回当たりの走行距離は「BENLY e: I(プロを含む)」で87キロ(時速30キロ定地走行テスト値)、「BENLY e: II(プロを含む)」で43キロ(時速60キロ定地走行テスト値)。

 また、駆動電流を効率的にモーターへ供給する制御技術を採用。きめ細かなトルク制御とエネルギー効率の向上によって、荷物の積載時でも力強くスムーズな発進、登坂ができる。最大積載量(BENLY e: Iで30キロ、BENLY e: IIで60キロ)の荷物を積んだ状態で、傾斜12度の登坂性能を備えている。

 希望小売価格(税込)は「BENLY e: I」「BENLY e: II」が73万7000円、「BENLY e: I プロ」「BENLY e: II プロ」が74万8000円。車両本体にモバイルパワーパック2個と専用充電器2個が基本セットとして付く。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -