3分Biz.
ニュース
» 2020年01月09日 11時56分 公開

登録車トップは「プリウス」:「N-BOX」が3年連続トップ 上位4車種が軽自動車、2019年の新車販売

2019年の国内新車販売は、ホンダの軽自動車「N-BOX」が3年連続のトップとなった。上位4車種を軽自動車が占めた。軽を除く登録車では、トヨタ自動車「プリウス」が2年ぶりの首位。

[ITmedia]

 2019年(1〜12月)の国内新車販売台数(軽を含む)は、ホンダの軽自動車「N-BOX」が前年比4.8%増の25万3500台で、3年連続のトップとなった。上位4車種を軽自動車が占めた。軽を除く登録車では、トヨタ自動車「プリウス」が2年ぶりの首位。8.8%増の12万5587台を販売した。

photo 2019年もホンダの「N-BOX」が売れた

 1月9日、日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が速報を発表した。

 N-BOXは19年も他の車種を圧倒。軽四輪車の新車販売台数では、5年連続で首位を守った。

 2位はダイハツ工業の軽自動車「タント」。28.4%増の17万5292台と大きく伸びた。19年7月にフルモデルチェンジし、新車効果が大きかった。3位はスズキの軽自動車「スペーシア」で、9.4%増の16万6389台。2位だった18年に続き、好調な販売を維持している。19年3月にフルモデルチェンジした日産自動車の「デイズ」は4位に入った。11.3%増の15万7439台だった。

photo 2019年の新車販売で2位だったダイハツ「タント」

 登録車のトップだった「プリウス」は全体の5位だった。6位は軽自動車で、ダイハツ「ムーヴ」。12万2835台を販売したが、前年と比べると9.6%のマイナスだった。

 7〜10位は登録車が占めた。7位は日産「ノート」で、13.1%減の11万8472台。18年は登録車でトップだったが、19年はプリウスに及ばなかった。8位はトヨタ「シエンタ」で17.9%増の11万880台だった。9位は新車効果で好調だったトヨタ「カローラ」。16.1%増の10万4406台だった。10位はトヨタ「アクア」で10万3803台を販売したが、18.0%減となった。

2019年の国内新車販売台数
車名 台数
1 N-BOX(ホンダ) 253,500(4.8)
2 タント(ダイハツ) 175,292(28.4)
3 スペーシア(スズキ) 166,389(9.4)
4 デイズ(日産) 157,439(11.3)
5 プリウス(トヨタ) 125,587(8.8)
6 ムーヴ(ダイハツ) 122,835(-9.6)
7 ノート(日産) 118,472(-13.1)
8 シエンタ(トヨタ) 110,880(17.9)
9 カローラ(トヨタ) 104,406(16.1)
10 アクア(トヨタ) 103,803(-18.0)
台数のカッコ内は前年比増減率、単位は%
photo 2019年の登録車の販売台数でトップだったトヨタ「プリウス」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間