3分Biz.
ニュース
» 2020年01月09日 14時11分 公開

仮想通貨Liskを持っているだけで報酬がもらえる コインチェック、ステーキングの提供開始

コインチェックは1月9日、仮想通貨Liskのステーキングサービスを提供すると発表した。平均10Lisk以上保有しているアカウントに対し、保有量に応じて報酬を付与する。付与は毎週水曜日に行われる。報酬額は確定していないが、年率にして数パーセントの見込み。

[斎藤健二,ITmedia]

 コインチェックは1月9日、仮想通貨Liskのステーキングサービスを提供すると発表した。仮想通貨を保有しているだけで報酬をもらうことができる。Liskのステーキングサービスは世界初、各種仮想通貨に対するステーキングサービスとしては、日本で初めてとなる。

仮想通貨Lisk(LSK)を持っているだけで報酬がもらえるステーキングサービス

 平均10Lisk以上保有しているアカウントに対し、保有量に応じて報酬を付与する。付与は毎週水曜日に行われる。報酬額は確定していないが、年率にして数パーセントの見込み。

 Liskは、ブロックの正当性を決めるコンセンサスアルゴリズムとしてDPoS(Delegated Proof of Stake)を採用している。ブロックの承認者をデリゲートと呼び、少数の承認者によって承認が完了するため、ビットコインなどが採用するPoW(Proof of Work)に比べて電力消費などが少ないというメリットがある。Liskのほか、EOSなどが採用している。

 デリゲートはLisk保有者による投票によって決まり、保有量が多いほど票の重みも増す仕組み。101位までのデリゲートには承認報酬が付与され、その一部を投票報酬としてコインチェックが受け取り、Lisk保有者に付与する流れとなっている。

Liskの過去3カ月間の値動き(コインチェック)

 コインチェックは、「今後、資産として仮想通貨を持っていただけるようなサービス、新しい資産クラスとして認知されるような取り組みをしていく」(蓮尾聡社長)としており、今後もPoSを使った仮想通貨についてステーキングサービスを導入していく。直近では、コンセンサスアルゴリズムをPoSへ変更する計画となっているイーサリアムについても検討していくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間