3分Biz.
ニュース
» 2020年01月16日 11時56分 公開

全カップ麺で展開へ:明星食品が「カップ麺=不健康」の払拭狙う? 減塩をサポートする「しおケアカップ」とは

明星食品が「しおケアカップ」を発表した。「明星 チャルメラどんぶり」シリーズや「明星 評判屋」シリーズで2月以降順次導入していく。今後は全カップ麺での展開を予定しているという。消費者の健康志向を後押しするというカップは、どんなカップなのか。

[鬼頭勇大,ITmedia]

 明星食品は1月14日、即席麺で摂取する食塩量を確認できる「しおケアカップ」を、2020年2月から一部商品で導入すると発表した。しおケアカップは、カップ麺の容器内側にラインを引き、スープを飲み干さずにその線まで残した場合、摂取した食塩量が分かるもの。

しおケアカップのイメージ(出所:明星食品発表のプレスリリース)

 担当者によると、厚生労働省が20年に予定している「日本人の食事摂取基準」の改定が背景にある。改定では、1日当たりのナトリウム摂取基準を見直す。食塩相当量が、18歳以上の男性で7.5グラム未満、女性で6.5グラム未満と、現行から0.5グラムずつ引き下げる予定。

厚生労働省「『日本人の食事摂取基準(2020年版)』の策定ポイントについて」

 こうしたことから、「食塩摂取量に関する意識が高まると考え、そのサポートをしたいと考えた」と担当者はコメント。また、カップ麺といえば「不健康」というイメージもある。こうしたイメージを払拭(ふっしょく)する狙いもありそうだ。

 しおケアカップは、「明星 チャルメラどんぶり」シリーズや「明星 評判屋」シリーズで2月以降順次導入していく。今後は同社の販売するカップ麺全てで展開していく考え。

 担当者によると、明星食品では19年に「評判屋」シリーズで減塩を打ち出したリニューアルをするなど、昨今の健康志向に寄り添った商品開発を進めている。スマートフォンアプリなどで日々の食生活を記録、管理する人も増えてきた。自分が摂取した食塩量が一目で分かるしおケアカップは、健康志向の人にも受け入れられていくだろうか。

対象となる商品(出所:明星食品発表のプレスリリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間