3分Biz.
調査リポート
» 2020年01月20日 13時41分 公開

ビジネスパーソンの平均年収は408万円、都道府県別にみると?

他人の年収は気になるところだが、ビジネスパーソンはどのくらいの給与を手にしているのだろうか。パーソルキャリアが調べたところ……。

[ITmedia]

 パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda(デューダ)」は1月20日、「平均年収ランキング2019」を発表した。2018年9月〜2019年8月にdodaエージェントサービスに登録した約40万人のデータを元に、正社員として働く20歳〜65歳までのビジネスパーソンの収入をまとめたところ、全体の平均年収は408万円であることが分かった。

 年代別でみると、30代で前年比10万円減の442万円、40代でも同21万円減の507万円、50代以上でも同23万円の622万円という結果に。いずれも厳しい数字が並んだが、20代男性のみ昨年の367万円から微増の369万円だった。

年代別の平均年収(出典:パーソルキャリア)

 職種別(全167職種)でみると、平均年収ランキング1位は「投資銀行業務」(843万円)。2位は「運用(ファンドマネジャー/ディーラー)」(720万円)、3位は「内部監査」(709万円)など、「金融系専門職」「専門職」系の仕事がトップ10のうち半数を占めた。

 業種別(全96業種)では、トップ10のうち9つが「メーカー」「金融」「メディカル」系。1位は昨年と同じ金融系の「投信/投資顧問」で648万円。「昨年から191万円の大幅ダウンと全業種の中で最大の下落額ではあったものの、トップを維持した」(パーソルキャリア)。2位はメディカル系の「医薬品メーカー」(600万円)、3位はメーカーの「たばこ」(591万円)が続いた。

 都道府県別でみると、どのような違いがあるのだろうか。平均年収のトップは、「東京都」で438万円。2位は「神奈川県」(430万円)、以下「千葉県」(414万円)、「栃木県」(410万円)、「埼玉県」「茨城県」(いずれも408万円)と上位6位までを首都圏が占めた。一方、最も少なかったのは「沖縄県」で337万円。トップの東京都とは101万円の差があった。次いで「秋田県」(357万円)、「高知県」(359万円)、「宮崎県」(361万円)だった。

 ちなみに、47都道府県の中で昨年よりも金額が増えたのは13県のみ。特に徳島県は20万円のアップとなった。

都道府県別の平均年収(クリックしてすべてを表示、出典:パーソルキャリア)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間