金融ビジネス最前線〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2020年01月23日 11時00分 公開

高い自動車ローンを変える クラウドローンが、銀行とユーザーをマッチングさせるプラットフォーム開始 (1/2)

自動車ディーラーなどでクルマを買うときに、提示されるローンに申し込む人は多いだろう。しかしその金利は実は高いことを知っているだろうか。金融系スタートアップのクラウドローンは、1月23日から、個人がマイカーローンや教育ローンを組むときに、複数の銀行との間でマッチングしてくれるサービスを開始した。

[斎藤健二,ITmedia]

 自動車ディーラーなどでクルマを買うときに、提示されるローンに申し込む人は多いだろう。しかしその金利は実は高いことを知っているだろうか。金融系スタートアップのクラウドローン(東京都千代田区)は1月23日から、個人がマイカーローンや教育ローンを組むときに、複数の銀行との間でマッチングするサービスを開始した。

 中国銀行、伊予銀行、スルガ銀行、三重銀行、仙台銀行などの個人向けローンと、必要とするユーザーを匿名でマッチングし、有利な条件のローンを使えるようにする。

クラウドローンの構成

ディーラーの自動車ローンは3〜9%、一方銀行のマイカーローンは1%台も

 「実は低金利で融資を受けられることを知らずに、ユーザーは損をしている」。クラウドローンの村田大輔社長は、現在のローンを取り巻く状況をこう話す。自動車ディーラーが提案するローンは、メーカー系列のものが多く、その金利は3〜9%。ところが、銀行が提供するマイカーローンの金利は平均して2%程度だ。中には1%台の金利で借りられるところもある。

マイカーローンの例。銀行系ローンと自動車ディーラー系ローンでは大きく金利が違い、例えば250万円のクルマの場合、総支払額は30万円も違ってくる場合がある

 現在、自動車販売時などに銀行ローンをセットにして販売してはいけないという、割賦販売法の規制があり、それがユーザーのローンの選択肢を狭めてしまっていると村田氏は言う。年間で約250万台ほどの自動車ローンのニーズがあるが、その9割が金利の高い信販系を使ってしまっている。

 さまざまな銀行が自動車ローンを提供しているが、ディーラーはそれを紹介できない。ユーザーが自分で申し込もうと思っても、銀行によって対象地域が異なるだけでなく、自分で個別に申し込みをしなくてはならない。

 この状況に風穴をあけようと始めたのがクラウドローンだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間