3分Biz.
ニュース
» 2020年02月06日 14時30分 公開

既に出品削除措置も:本当はやりたくない? メルカリ、マスク高額転売「緊急事態宣言」で漏らした本音

メルカリがマスク販売に関する「お願い」を発表した。新型肺炎の影響でマスクが品薄となり、メルカリ上での転売が増えている。今後は状況により、入手経路の確認や商品の削除などを行う可能性があるという。

[鬼頭勇大,ITmedia]

 メルカリは2月4日、公式Webサイト上で「マスクの取引に関するご協力のお願い」と題してメッセージを発表した。同ページによると、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、フリマアプリ「メルカリ」上におけるマスクの出品数、購入数が増加しているという。

メルカリで「マスク」と検索した結果。中には割高に感じる出品も……(出所:メルカリ公式Webサイト)

 マスク自体はメルカリの指定する「禁止出品物」には該当しないが、「社会通念上適切な範囲での出品・購入にご協力をお願いいたします」と呼びかけている。また、取引状況によっては、入手経路を確認したり、商品の削除、利用制限措置をとったりする可能性もあるという。

本当はやりたくない?

 メルカリが具体的な商品に対して、今回のようなお願いを発表するのは初めてだという。具体的な数字は明かさなかったが、ここ1カ月ほどでメルカリ内のマスク出品は「急増」(担当者)。ただ、「マスクは出品を禁止している商品ではなく、明確な規約違反ではない」(同)。そのため、対応に苦慮しているのが現状だ。社内のリソースとユーザーからの通報の両輪でアプリ内をチェックしており、既に削除措置をとった出品もあるという。お願い文では、出品によっては入手経路を確認する可能性も示唆している。しかし、まだ経路を確認したケースはないとのこと。今後は大量に出品しているユーザーなどに対し、警告していく。

メルカリの出した「お願い」(出所:メルカリ公式Webサイト)

 メルカリは、個人間の自由な取引を1つの武器にして成長してきた。「メルカリは個人による自由なマーケットプレース。本来であれば禁止事項は極力減らしたい」と話したが、社会問題と化した「マスククライシス」に対応した形だ。オークションサイト「ヤフオク!」も、2月5日に「マスクや除菌用品の出品について」と題してマスクの出品に関する「お願い」を発表した。新型コロナウイルスは感染拡大だけでなく、マスク問題へも波紋を広げている。

ヤフオクも緊急事態宣言(出所;ヤフオク!公式Webサイト)

【訂正:2020年2月6日14時30分の初出で、タイトルを「『本当はやりたくない』 メルカリ、マスク高額転売『緊急事態宣言』で漏らした本音」としておりましたが、2月6日17時30分、訂正いたしました。加えて、本文内の表現についても訂正を加えました。お詫びして訂正いたします。】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -