3分Biz.
ニュース
» 2020年02月28日 12時27分 公開

感染拡大防止へ:東京ディズニーリゾートが臨時休園、3月15日まで レジャー、文化施設の臨時休業相次ぐ

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランドは、2月29日から両施設を約2週間臨時休園すると発表。営業再開は3月16日の予定。

[ITmedia]

 東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランドは2月28日、両施設を約2週間臨時休園すると発表した。営業再開は3月16日を予定しているが、関係機関と連絡を取りながらあらためて告知する。

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの臨時休園を発表(オリエンタルランドのニュースリリース)

 休園期間は2月29日〜3月15日。新型コロナウイルス感染症対策本部から「多数の方が集まるような全国的なスポーツ、文化イベント等については、大規模な感染リスクがあることを勘案し、今後2週間は、中止、延期又は規模縮小等の対応を要請する」という発表があったことから、臨時休園に踏み切った。

 今後、購入済みの休園期間中のチケットなどについて、オフィシャルWebサイトや、オンライン予約・購入サイトで案内するという。

 臨時休業の措置をとるレジャー施設や美術館などは相次いでいる。2月28日には、2019年11月に東京都町田市にオープンした「スヌーピーミュージアム」も2月29日〜3月13日に臨時休館することを発表。また、森ビルが運営する「森美術館」などの施設も2月29日からの臨時休館を発表した。

 東京都多摩市の「サンリオピューロランド」は、すでに2月22日から臨時休館。東京、京都、奈良、九州の国立博物館も臨時休館の期間に入っている。

「スヌーピーミュージアム」も2月29日から臨時休館する(出典:スヌーピーミュージアムWebサイト)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間