連載
» 2020年03月10日 05時00分 公開

新型コロナが“あの”外食チェーンを直撃 一方で松屋、スシロー、鳥貴族が順調なワケ長浜淳之介のトレンドアンテナ(2/6 ページ)

[長浜淳之介,ITmedia]

苦戦しているチェーンは?

 2月の既存店売上高が、前年同月比で下回っているチェーンもある。

 テン コーポレーション「天丼 てんや」は98.2%(95.2%)、すかいらーくホールディングス「ガスト」など全業種は99.6%(97.6%)にとどまった。しかし、両社とも、19年10月の消費増税以降の景気後退局面で、2月は1月より売り上げが改善しており、十分に健闘している。

 吉野家ホールディングス「吉野家」の97.9%(109.5%)を見ると、確かに2月が大きく落ち込んでいる。しかし、18年と19年の2年連続で、2月にソフトバンクのユーザーを対象に、牛丼(並盛)1杯が無料となるクーポンを提供する大型キャンペーンを実施した影響だという。

 こうして見ると、特殊な事情がある吉野家を除き、2月には1月以上に好調に推移したチェーンが大半で、19年2月よりも業績が軒並み上がっているのだ。

 この理由について、「閏(うるう)年で2月の営業日が、19年より1日多かった」「新しく天皇誕生日が祝日に加わり、休みの日が増えた」といったように、営業日が有利に働いたと複数のチェーンから聞かれた。

マクドナルドのドライブスルーは特に増えていない

 また、ドライブスルーに力を入れている日本マクドナルドに、非接触性の高さからドライブスルーの利用が増えたのかと聞いた。しかし「売り上げが上がった主因は、ごはんバーガーなどの新商品が好評だったから。特にドライブスルーのお客さまの比率が増えたわけではない」(同社・広報)とのことだった。

すき家と松屋はヒット商品に恵まれた

 すき家や松屋などは、2月いっぱい実施された、「PayPay」のポイント還元キャンペーンの効果も顕著に表れている(40%還元)。

 すき家は「クリームチーズ アラビアータ牛丼」、松屋は「シュクメルリ鍋」と、季節限定のヒット商品にも恵まれた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -