3分Biz.
ニュース
» 2020年03月11日 13時00分 公開

事前申し込みは4月13日から:新たなご当地図柄入りナンバー、5月に交付 知床、葛飾、伊勢志摩など17地域のデザインは?

国土交通省は、新たな「地方版図柄入りナンバープレート」の交付を5月11日に始めると発表。知床、葛飾、伊勢志摩など17地域が新たに導入する。

[ITmedia]

 国土交通省は3月10日、新たな地域名表示(ご当地ナンバー)による17地域の「地方版図柄入りナンバープレート」の交付を5月11日に始めると発表した。地方版図柄入りナンバープレートは2018年10月に導入した41地域と合わせて、計58地域での導入となる。

新たに導入される、知床、苫小牧、松戸、市川の図柄入りナンバープレート(出典:国土交通省

 新たな導入地域は、知床・苫小牧・弘前・白河・松戸・市川・船橋・市原・江東・葛飾・板橋・上越・伊勢志摩・四日市・飛鳥・出雲・高松の17地域。導入地域では、交付開始日以降、新車・中古車の購入や車検の際などに地方版図柄入りナンバープレートに変更できる。各地域の図柄は、自然・文化遺産や街並み、特産品などをあしらっている。

新たな「地方版図柄入りナンバープレート」の導入地域(出典:国土交通省

 事前申し込みは4月13日に開始する。ディーラーなどに相談、あるいは専用サイトから自分で申し込むこともできる。

 料金については4月上旬に公表する予定。

 なお、国交省はフルカラーの図柄入りナンバープレートの申し込み時には、1000円以上の寄付金をお願いしている。寄付金は、導入地域における交通改善、観光振興などに関する取り組みに活用する。

弘前、白河、船橋、市原のナンバープレート(出典:国土交通省
江東、葛飾、伊勢志摩、四日市、高松のナンバープレート(出典:国土交通省
板橋、上越、飛鳥、出雲のナンバープレート(出典:国土交通省

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間