3分Biz.
ニュース
» 2020年02月21日 17時20分 公開

無料Wi-Fi全車整備で:東海道新幹線、車内テロップによるニュース提供終了 35年の歴史に幕

東海道・山陽・九州新幹線車内の無料Wi-Fiサービス「Shinkansen Free Wi-Fi」が、3月30日に全ての列車で整備完了となる。それに伴い、東海道新幹線で実施してきた車内テロップによるニュース提供は終了する。

[ITmedia]

 JR東海、JR西日本、JR九州の3社は2月21日、東海道・山陽・九州新幹線車内の無料Wi-Fiサービス「Shinkansen Free Wi-Fi」を全ての列車で提供すると発表した。整備完了予定は3月30日。整備完了に伴い、東海道新幹線で実施してきた車内テロップによるニュース提供は終了となる。

3月には「700系」が東海道新幹線から引退する

 「Shinkansen Free Wi-Fi」は2018年7月から順次、整備を進めてきた。なお、整備完了後も、九州新幹線の川内〜鹿児島中央間のトンネル内や、携帯電話の電波が届いていないところでは利用できない。携帯電話のサービスエリアの拡大によって、2020年夏までには全区間で利用できるようになるという。

「Shinkansen Free Wi-Fi」のステッカー(出典:ニュースリリース)

 東海道新幹線では、「Shinkansen Free Wi-Fi」が利用できる列車を毎日Twitterで告知してきたが、2月28日に配信を終了する。通信事業者と契約している人が利用できる「車内公衆無線LANサービス」も、3月31日で終了する。

 車内テロップによるニュース提供は1985年から実施してきた。Wi-Fi整備によって、「お客さまの多くがご自身のスマートフォン等でニュース等の情報を取得できる環境が整った」(JR東海)ことから、3月14日にニュース情報の提供を終了。今後は、ニュースの代わりに、新幹線の利用案内に関する情報提供を充実させていくという。

東海道新幹線の車内テロップによるニュース提供は終了

 東海道新幹線では、各駅のWi-Fi対応も進めている。現在、全17駅の改札口やコンコース待合室付近において、無料Wi-Fiサービス「JR-central Free Wi-Fi」を提供。「のぞみ」停車駅(東京・品川・新横浜・名古屋・京都・新大阪の各駅)と、外国人観光客の利用が多い小田原駅では、20年3月末までに、駅のホーム上にもアクセスポイントを設置する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間