3分Biz.
ニュース
» 2020年03月18日 11時01分 公開

休校中の栄養補給とミルクの消費支援が目的:ローソン、休校支援「半額ホットミルク」の販売数が100万杯突破 リピート率は「からあげクン」超え

ローソンがホットミルクを期間限定で半額で販売している。休校中の栄養補給とミルクの消費支援が目的。3月9〜16日で販売数が100万杯を突破した。

[ITmedia]

 ローソンは3月18日、半額セールを実施しているホットミルクの販売数が100万杯を突破したと発表した。半額セールは、新型コロナウイルスの影響で臨時休校となった子どもの栄養補給と、ミルクの消費支援を目的として、3月9〜20日の期間限定で実施している。

通常は税込130円のホットミルクを65円で提供

 3月16日までのリピート率(繰り返しの購入回数を示す数値)は熱心なファンに支持されている「からあげクン」を超えたという。売れている時間帯は午前11〜午後3時で、駄菓子や「マチカフェ」(店内のいれたてコーヒーサービス)との買い合わせが多いことから、親が子どもと一緒に購入しているとローソンは分析している。都道府県別の販売数は茨城県が1位で、全国平均の1.5倍だという。

 半額セール初日(3月9日)のホットミルクの販売総数は、3月2〜8日の平均販売数の10倍を超えていた。

 臨時休校の影響で、給食向けの牛乳の消費量が落ちるため、全国の酪農家から不安の声が出ている。これを受けてローソンだけでなく、全国各地のスーパーや食品宅配事業者などが牛乳の消費支援セールを実施している。

ホットミルクの半額セール初日の平均販売数と3月9〜16日の平均販売数
ローソンは学童支援のためおにぎりを無償配布している

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間