3分Biz.
調査リポート
» 2020年03月19日 12時05分 公開

東京23区内の新築マンション、平均購入価格は6395万円 広さは?

リクルート住まいカンパニーは3月19日、「首都圏新築マンション契約者動向調査」を実施し、その結果を発表した。

[ITmedia]

 リクルート住まいカンパニーは3月19日、「首都圏新築マンション契約者動向調査」を実施し、その結果を発表した。購入価格は「6000万円以上」が31%、「5000〜6000万円未満」が26%で、5000万円以上が全体の6割を占めることに。平均購入価格は5517万円で、2001年以降で最も高いことが分かった。

首都圏の新築マンションの購入価格(出典:リクルート住まいカンパニー)

 マンションの専有面積をみると「70〜75平米未満」(37%)が最も多く、次いで「60〜70平米未満」(26%)。平均専有面積は68.2平米で、01年の調査開始以来、最も狭い。ちなみに、東京23区内の平均購入価格は6395万円で、平均専有面積は63.6平米。

平均専有面積の推移(出典:リクルート住まいカンパニー)

 新築マンションを購入した理由を聞いたところ「子どもや家族のため、家を持ちたいと思ったから」(41%)がトップ。以下「現在の住居費が高くてもったいないから」(32%)、「資産を持ちたい、資産として有利だと思ったから」(26%)という結果に。03年以降の変化をみると、「資産を持ちたい、資産として有利だと思ったから」はこれまでで最も多くなり、「もっと広い家に住みたかったから」という理由を、初めて上回った。

 インターネットまたは郵送による調査で、19年1月〜12月までに首都圏で新築マンションを購入した男女4931人が回答した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間