金融ビジネス最前線〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2020年03月19日 14時41分 公開

GMOコイン、BraveブラウザのBATトークン取り扱い開始

GMOコインは、新たな仮想通貨としてベーシックアテンショントークン(BAT)の取り扱いを開始した。BATはChromiumをベースにした「Brave」上で使われるトークンだ。

[斎藤健二,ITmedia]

 GMOコインは3月18日から、新たな仮想通貨としてベーシックアテンショントークン(BAT)の取り扱いを開始した。BATは、イーサリアムを基盤として開発された仮想通貨で、時価総額は全仮想通貨の中で31位。

 BATはChromiumをベースにした「Brave」上で使われるトークンだ。Braveは、広告やトラッカーをブロックするプライバシーに配慮したブラウザで、ブロックした広告の代わりにBraveが別の広告を挿入することをユーザーが設定できる。その広告の収益は、Webサイト、Brave、広告代理店、ユーザーの4者に分配される。

 分配にはBATが使われるが、日本では資金決済法のためBATではなくBATポイント(BAP)が使われる。BAPの価格はBATと連動しており、お気に入りのクリエイターやWebサイトにチップとして送ることができる。ただし、現時点ではBAPをBATに変えることはできない。

Braveブラウザ

 Braveブラウザは、Windows、macOS、Linux、iOS、Android版があり、月間利用者は1000万人を突破している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間