金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2020年02月07日 15時39分 公開

GMOコインが「貸仮想通貨」 最大年率5%

仮想通貨交換業のGMOコインは2月12日から、貸仮想通貨サービスをリニューアルする。同社で取り扱うすべての仮想通貨を貸し出すことができ、最大年率5%の貸借料を受け取れる。

[斎藤健二,ITmedia]

 仮想通貨交換業のGMOコインは2月12日、貸仮想通貨サービスをリニューアルする。同社で取り扱うすべての仮想通貨を貸し出すことができ、最大年率5%の貸借料を受け取れる。

 貸仮想通貨サービスは、GMOコインに預けている仮想通貨を同社に貸し出し、数量に応じて貸借料を受け取れるサービス。これまで募集が不定期で通貨が限られていたが、今回すべての通貨を対象とするようリニューアルする。また、最短期間1カ月から貸し出しが可能。

 対象通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップル、ネム、ステラルーメン。貸し出し期間に応じて利率が異なり、1カ月の場合年率で2%、3カ月では4%、6カ月では5%の貸借料を受け取れる。

 毎月15日(土日祝の場合、翌営業日)の6時から受け付け、翌月15日から貸し出される。初回については2月12日から受け付け、17日から貸し出しとなる。最低数量は通貨によって異なるが、日本円で10万円程度。

 なお、貸仮想通貨サービスは分別管理の対象にはならず、預金保険の対象にもならない。また貸出期間が満了となるまで、売却や引き出しも行えない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -