お店のミライ
ニュース
» 2020年04月06日 18時27分 公開

期間限定商品を次々投入:マクドナルド、3月の結果は? 客単価が増加

3月、多くの外食チェーンが新型コロナウイルスの影響で苦戦した。マクドナルドはどうだったのか。

[ITmedia]

 大手外食チェーンの多くは3月に外出自粛要請の影響を受けたが、マクドナルドはどうだったのか。

苦戦したチェーンが多かったが……

 日本マクドナルドホールディングスは4月6日、2020年3月の月次動向を発表した。既存店売上高は0.1%の減少(前年同月比)、客数は7.7%の減少(同)、客単価は8.3%の増加(同)となった。全店売上高は0.5%増(同)となったが、3月の後半に新型コロナの影響が出たことから、引き続き状況を注視しつつ必要な対応をとっていくという。

 3月、マクドナルドは定番の「てりたま」「チーズてりたま」だけでなく、新商品「とんかつ!!てりたま」を発売した。朝マックでは「てりたまマフィン」を期間限定で販売。さらに、「シャカシャカポテト 手羽先味」や「ホットストロベリーパイ」も投入した。

3月はてりたまを投入(出所:マクドナルド公式Webサイト)
期間限定の「ホットストロベリーパイ」(出所:マクドナルド公式Webサイト)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間