お店のミライ
ニュース
» 2020年04月10日 11時44分 公開

店舗では「3密」を避ける:「検温バッチ」「マスク着用義務化」 ドミノ・ピザが追加の新型コロナ感染拡大防止策を発表

ドミノ・ピザ ジャパンが追加の感染拡大防止策を発表。政府の緊急事態宣言を受けての対応。マスク着用義務化などを打ち出した。

[ITmedia]

 ドミノ・ピザ ジャパンは4月9日、政府の緊急事態宣言を受けた対応策を発表した。

ドミノ・ピザが現在取り組んでいる感染拡大の対策(出所:ドミノ・ピザ公式Webサイト)

 4月11日から、緊急事態宣言の対象エリア内にある10店舗の営業時間と閉店時間をそれぞれ1時間ずつ早める。お客の昼食と夕食の時間帯が変化していることに対応するためだという。

 密閉・密集・密接という「3密」の状態を避けるため、緊急事態宣言の対象エリア内の店舗においては、商品の受け渡しは基本的に店舗の外で行う。店内で注文・会計を済ませた後、お客は店舗の外で待つことになる。

 従業員の感染拡大防止策も強化する。全店舗の従業員に対してマスクを支給し、着用を義務化する。また、従業員が出勤前に検温し、適正体温であることを示した「検温バッチ」も着用する。さらに、現在、ドミノ・ピザでは配達員が直接商品を手渡ししない「あんしん受取サービス」を実施しているが、追加で「より高い位置にピザを置くため、商品の下に置く空き箱を折り畳み式の台に変更」「配達員のビニール手袋着用義務化」という対策を行う。

あんしん受取サービスの概要(出所:ドミノ・ピザ公式Webサイト)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間