3分Biz.
ニュース
» 2020年05月01日 10時33分 公開

加盟店からの要望に対応:ローソンが「トイレの使用休止」方針を一部変更 社会を支えるドライバーはOK

ローソンは4月28日にトイレ、ごみ箱、灰皿の使用を一時休止すると発表した。しかし、29日にトイレの利用方針を変更すると発表した。社会を支えるドライバーなどには開放する。

[ITmedia]

 ローソンは4月29日、トイレの利用方針を変更すると発表した。

 トイレは入口の扉や便座など接触する箇所が多く、密閉された空間なので感染リスクが高いとされている。そのため、同社は4月28日にトイレの使用を一時休止するという方針を打ち出した。

方針変更の背景は(提供:ローソン)

 この決定に賛成する意見が多く寄せられた一方で、トイレを開放していた店舗からは「お客さまから感謝の声が多く寄せられているので継続したい」という声も寄せられたという。

 そこで、社会生活を支えるドライバーや、緊急に利用しなければいけない人に限り、従業員に声をかければトイレを利用できるようにする。また、周辺に利用できるトイレが少ない幹線道路沿いや郊外にある店舗では、加盟店の判断でトイレ使用を継続するとした。

ごみ箱の利用中止を知らせる(提供:ローソン)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間