お店のミライ
ニュース
» 2020年05月08日 10時56分 公開

新型コロナを乗り切る:4月にスシローの「持ち帰り」と「出前」の売り上げはどこまで増えた? 驚きの結果 (1/2)

スシローのテークアウトとデリバリーの売り上げが伸びている。全体の業績にはどの程度のインパクトがあったのか。

[昆清徳,ITmedia]

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、大手外食チェーンはテークアウトやデリバリーを強化している。急激に減少するイートインの売り上げを補うためだ。

新型コロナの影響はどの程度だったのか

 大手回転寿司チェーン「スシロー」を展開するスシローグローバルホールディングスは5月7日、決算説明会でテークアウトとデリバリーの売り上げの推移を明かした。

 2019年10月の消費増税で、持ち帰りの商品には軽減税率が適用されるようになった。そのため、10月のテークアウトとデリバリーの売り上げは120%(対前年同月比、以下同)、11月は123%と順調に伸びた。12月と20年1月はともに113%とやや落ち着いたが、新型コロナの影響が広がり始めた2月には131%、3月には134%と大きく伸びた。デリバリー対応店舗が3月末時点で118店舗まで増加したことも追い風となった。

テークアウトとデリバリーの売り上げ(出所:スシローグローバルホールディングス公式Webサイト)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間