金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2020年05月25日 18時01分 公開

大和証券がスマホ証券参入 Pontaポイントの利用も

大和証券子会社のCONNECTは、5月25日、日本証券業協会加入を発表した。7月初旬からサービス開始を予定している。1株単位で、リアルタイム取引が行える「ひな株」サービスを特徴とする。

[斎藤健二,ITmedia]

 大和証券子会社のCONNECTは、5月25日、日本証券業協会加入を発表した。7月初旬からサービス開始を予定している。CONNECTのコンセプトは「未来をつくる、1株と出会おう。」。

大和証券子会社のCONNECT

 スマートフォン専用アプリを用意し、いわゆるスマホ証券の一社となる。1株単位で、リアルタイム取引が行える「ひな株」サービスを特徴とする。手数料は無料で、NISA口座にも対応する。

 併せて、ポイント運用サービスを提供するSTOCK POINTと提携する。Pontaポイントを利用して、投資体験が行え、選択した株価に応じて残高が変動する。また、運用したポイントは、1株単位で実際の株式に交換することもできる。

 スマホ証券では、SBI証券がTポイントを運営するCCCマーケティングと組んで開始した「SBIネオモバイル証券」、野村證券がLINE Financialと組んだ「LINE証券」などがあり、いずれも1株単位での取引を特徴としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間