3分Biz.
ニュース
» 2020年06月10日 11時35分 公開

コロナの影響で規模を縮小して運営:メルカリ初の旗艦店「メルカリステーション」が誕生 丸井グループと「体験を提供する店」構想で連携

メルカリ初の旗艦店「メルカリステーション」が新宿マルイ本館にプレオープン。メルカリの使い方を学べる。新型コロナの影響で当面は一部ブースを休止する。

[ITmedia]

 丸井グループは6月10日、メルカリ初の旗艦店となる「メルカリステーション」を新宿マルイ本館(東京・新宿)にプレオープンした。新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、当面は一部ゾーンを休止して運営していく。

新型コロナの影響で当面は規模を縮小して運営

 メルカリステーションには、メルカリの使い方が学べるゾーンとメルカリを体験できるゾーンがある。

 学べるゾーンでは、商品の見つけ方や不要なものの出品方法を講師と一緒に体験できる「メルカリ教室」やワークショップイベントを開催する予定だった。しかし、同ゾーンは新型コロナの影響で当面利用できない。利用開始までは、店頭でソーシャルディスタンスに配慮しながら少人数を対象に「メルカリTips紹介」などを開催する予定だという。

 体験ゾーンには、メルカリスタッフが音声通話で出品可能な商品かどうかをサポートする「あんしん出品サポート」のコーナーや、梱包から発送までワンストップで体験できる「撮影・梱包ブース」などがある。

売れた商品を投函するだけで発送できる無人投函ボックス

 丸井グループは、リアル店舗を物販中心の「モノを売る店」から「体験を提供する店」に転換しようとしており、「今後は、オフラインでのタッチポイントを拡大してきたメルカリのリアル店舗の出店により、リアルとネット双方から一次流通と二次流通を連携させ、顧客体験の拡張をめざす」としている。

コロナが終息したらメルカリ教室も開催される予定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間