3分Biz.
ニュース
» 2020年07月01日 18時32分 公開

“厚底”に対抗:ミズノ、高反発のランニングシューズ発売 箱根駅伝で注目のモデルを市販へ

ミズノは、陸上長距離選手向けランニングシューズの新商品「WAVE DUEL NEO」を7月中旬に発売する。独自に開発したソール素材を採用し、反発力を高めた。箱根駅伝で区間新記録を出した選手が着用して注目されたモデルを市販化する。

[ITmedia]

 ミズノは7月1日、陸上長距離選手向けランニングシューズの新商品「WAVE DUEL NEO」を7月中旬に発売すると発表した。独自に開発したソール素材を採用し、反発力を高めている。長距離界では米ナイキの“厚底シューズ”が席巻する中、2020年1月の箱根駅伝で好記録を出した選手が着用していたことで注目されたモデルを市販化。新シューズで反撃を狙う。

ミズノが新発売する高反発のランニングシューズ

 「WAVE DUEL NEO」は、「走り方のフォームを変えることなく、より地面からの反発力が得られるシューズ」をテーマに開発。ミッドソール部分には、従来よりも反発性を約35%向上させた新素材「MIZUNO ENERZY LITE」を採用。さらに、独自の樹脂製プレートと組み合わせることでも反発性を高めている。また、ソールの厚さをトップランナー向けの従来モデルと同じにすることで、フォームを変えずにスピードに乗った走りができるようにした。

「WAVE DUEL NEO」のソール部分

 シューズの形にも特徴がある。ミズノのランニングシューズ史上初めて、アッパーの設計をハイカットにした。さらに、ニット素材を採用することで、足全体を包み込むような感触に仕上げた。安定感のある走りを支える。

 ローカットのモデル「WAVE DUEL NEO Low」も同時に発売するが、ハイカットモデルはかかと部を支える芯材を入れずにフィット感を高めることができるため、ローカットよりも約10グラム軽いという。

「WAVE DUEL NEO」はハイカットの設計になっている

 20年の箱根駅伝では、創価大学の嶋津雄大選手がこのシューズのプロトタイプモデルを着用して出場し、10区の区間記録を更新。多くの選手がナイキのシューズを着用する中で、嶋津選手の真っ白なシューズが注目を浴びた。

 税込価格は「WAVE DUEL NEO」が2万5300円、「WAVE DUEL NEO Low」が2万900円。

ミズノ「WAVE DUEL NEO」「WAVE DUEL NEO Low」の概要

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間