3分Biz.
ニュース
» 2020年07月11日 09時40分 公開

201店が出店:「ららぽーと愛知東郷」、9月14日にオープン

三井不動産は9月14日に、大型商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと愛知東郷」を開業する。どんなショッピングセンターなのかというと……。

[ITmedia]

 三井不動産は9月14日に、大型商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと愛知東郷」を開業すると発表した。本施設には、愛知県初出店36店を含む201店が出店。飲食エリアには約1150席を用意し、「愛知県中部エリア最大級のフードコートを完備した」(三井不動産)という。

ららぽーと愛知東郷(出典:三井不動産)

 1階にある「マルシェ&レストラン市(ichi)」には、スーパーマーケットから生鮮専門店を含む食物販、レストランまで集積している。食材を販売するだけでなく、調理したものをテークアウトして、その場でイートインできるスペースを用意。地元人気店のほかに、ショッピングモール初出店の店舗など全25店を展開する。

食のゾーンが充実している(出典:三井不動産)

 大型スポーツ・アウトドア店舗として、東海エリア最大級となる「アルペンアウトドアーズ フラッグシップストア」や「スポーツデポ」が出店。また、デジタル技術を活用したスポーツエンターテインメント店舗「VS PARK」、さまざまな動物と触れ合うことができるカフェ「Moff animal cafe」などもある。

大型のスポーツ・アウトドア店舗を展開(出典:三井不動産)

 また屋外イベントを開催できる大屋根イベントを完備し、子どもが遊べる遊具エリアなども用意している。買い物中に利用できる一時預かり可能な認可保育園も完備した。

 敷地面積は約8万9000平方メートルで、場所は名古屋鉄道豊田線「日進駅」から約2.2キロメートルのところにある。駐車台数は約3900台を用意している。

吹き抜けスペース「メインスクエア」(出典:三井不動産)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -