3分Biz.
ニュース
» 2020年08月21日 18時10分 公開

ナチュラルローソン、洗剤の「量り売り」実験販売試し買いのニーズに応える

ローソンは8月21日、ナチュラルローソン2店舗で洗剤の量り売りの実験販売を行うと発表した。プラスチック削減につながるとともに、「少量の試し買い」のニーズに対応していく。販売は8月26日からで、9月には病院内の店舗へ導入予定。将来的には店舗数やカテゴリーの拡大も検討。

[ITmedia]

 ローソンは8月21日、ナチュラルローソンの直営2店舗で、洗剤の量り売りの実験販売を行うと発表した。容器に使用されているプラスチックの削減につながるとともに、洗剤の香りなどを試したいというニーズにも対応していく。

洗剤の量り売りを始める(出所:リリース)

 販売するのは食器用洗剤、洗濯用洗剤、デリケート用洗剤、柔軟剤の4種類。セルフ形式で、店内に設置された商品タンクから客が必要な量を容器に入れ、レジで会計する仕組み。マイボトルをもっていない人向けに、無料の容器を3種類用意している。

必要な量を自分で入れる形式(出所:リリース)

 量り売りは8月26日から、ナチュラルローソン芝浦海岸通店(東京都港区)と神宮外苑西店(東京都渋谷区)で開始する。9月には病院内のナチュラルローソン店舗へも導入予定。将来的には店舗数やカテゴリーの拡大も検討するという。

商品詳細と価格(出所:リリース)

 在宅時間の増加で洗濯の頻度が増え、ナチュラルローソンにおける7月度の洗剤カテゴリーの売上高は、前年比で2割以上増加。特に、自然由来の原料を使用した洗剤は、20代から40代の女性に支持されているという。

 ローソンでは2030年までに、17年度対比で容器包装プラスチック使用量の30%削減を目指している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -