3分Biz.
ニュース
» 2020年09月01日 12時22分 公開

21年12月まで:いきなり!ステーキ、プリペイド機能「肉マネー」終了へ 「決済サービスが充実したため」

「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスは、プリペイドサービス「肉マネー」を2021年12月に終了する。20年9月にQRコード決済を導入するなど、決済サービスが充実したため、終了を決めたという。

[秋山未里,ITmedia]

 「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスは8月31日、プリペイドサービス「肉マネー」を2021年12月に終了すると発表した。20年9月に導入するQRコード決済をはじめ、クレジットカード、交通系電子マネーなど、その他の決済サービスが充実したため肉マネーを終了するという。

photo いきなり!ステーキのWebサイトより

 肉マネーは、スマートフォンアプリなどに入金できる独自の電子マネー。15年10月から提供してきたが、20年11月に入金と「肉マネーギフトカード」の販売を停止し、21年12月には全てのサービスを終了する。

 利用者が購入済みの肉マネーギフトカードは、各ギフトカードの有効期限まで使えるようにする。注文した肉の重さ(グラム)を記録する「肉マイレージ」は引き続き提供し、20年12月には新サービスも発表するとしている。

photo いきなり!ステーキは専用のスマートフォンアプリを提供している

 いきなり!ステーキは、出店拡大を急ぐあまり自社ブランド同士が競合し、売り上げが低迷。19年11月には44店舗の閉店を決め、ネット上では「近隣店舗がなくなると、肉マネーを使いきれない」という“肉マネー難民”の投稿が相次いだ。その後も新型コロナウイルスの影響などで業績は落ち込み、20年7月には114店舗の閉店を発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -