3分Biz.
ニュース
» 2020年09月07日 11時29分 公開

Model-T:ローソン、遠隔操作ロボットがペットボトルやおにぎりを陳列 人手不足解消への一歩

 ローソンは、商品陳列ができる遠隔操作ロボット「Model-T」を、9月14日に開業する「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」に導入する。店舗スタッフが場所にとらわれず就労可能な店舗を実現できる。

[秋山未里,ITmedia]

 ローソンは、商品を陳列できる遠隔操作ロボット「Model-T」を、9月14日に開業する「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」に導入する。陳列する商品は、ペットボトルや缶などの飲料品、お弁当、おにぎり、サンドイッチなど。店舗スタッフが場所にとらわれず、働ける店舗を実現するという。

 Model-Tは、ロボットベンチャーのTelexistenceが開発した遠隔操作ロボット。自由度の高い関節を備え、コンビニなどの狭い空間でも人間のように商品を陳列できる。

photo Model-Tを遠隔操作する様子

 コンビニをはじめとする小売業界では、人手不足が重大な課題となっている。特に陳列作業は工数が多く、従業員の負担が大きい作業だ。Model-Tは、こうした負担を軽減できる他、人と人との接触を減らせるため、新型コロナウイルスの感染拡大を防げるとしている。

photo Model-Tが商品をつかむ様子

 Telexistenceと新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、遠隔操作中のオペレーターとロボットの動きのデータを蓄積し、AIに学習させ、自動で制御・処理できる割合も増やしていく。将来は、少子高齢化や就労人口の減少により、人手不足に悩む店舗への導入も目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -